「新しい家」

00 僕の上に



もうそれで最後にしてくれるなら
どうぞ僕の上に








01 人、緑、空



包んで結んで優しくしたい
包んで結んで優しくなりたい
包んで結んで守っていきたい








02 好きすぎる時は



誰かを好きすぎる時は
手紙を書こう
それは安全なやり方
誰かが恋しい時は
その全てを手紙にしよう
それが安心なやり方








03 西の彼方



西の方から本当の唄が聞こえてきて
世界は少し輝いていく
西の彼方にもそれはあって世界はつながっている
西も南も東も北もどこかにつながっている
僕たちは一つの円で結ばれていた








04 生き方



残念だけど全ての経済活動は無意味なのかもしれない
君の生き方の前では








05 目的



本当の目的を理解すれば
誰かを幸せに出来る
誰かを幸せに出来れば
本当の目的が分かる
本当の目的が分かれば
いつでも死ねる








06 実体無く



今日も明日も明後日もそのまた次もそのまた次の日も私達に実体は無く今日も元気に学校/仕事に行こう何事も無く無事に帰ってきて君を優しく包みたいからどうか何事も無く無事に








07 詩とゴミ



それ以外ゴミになる
自然に寄り添っていれば
全てはゴミになってゆく
ゴミに期待しないで
ゴミに時間を使わないで








08 雲ヒト



君はもうそこにはいない
かたちを変えて移動している
一瞬の煌めきと
その浮力で僕らを楽しませてくれる
君は雲ヒト
君は雲の生まれ変わり








09 レンタル



レンタルした僕を大切にする
それが真実の生きる道
その道の他に何か大切なことはありますか